LoweAlpine / ContourV 70+15リットル
ロウアルパイン / コントワー


長期縦走、雪山用。2気室構造、ポケットがたくさん有り、ペットボトルホルダーもあるなど、細かな配慮が嬉しい。雨フタは、ウエストポーチにもなります。



OSPREY aether 60
オスプレー / イーサー 60


1〜2泊のテント山行用。
1.79Kgと軽量が魅力!

「aether(エーテル)」は、詩語で「天空・青空」の意。



GREGORY LUPINE 30リットル
グレゴリー / ルピナス


セール品で購入。
日本人専用のモデル。
「ルピナス(lupine)」というのは、花の名前で、あのアルセーヌ・ルパンの由来にもなっているとのこと。ラテン語で「狼」という意味。
日帰り山行はこれ。




(左)スカルパ サミット
冬靴。軽くて歩きやすい。

(右)スカルパ ドルポGTX
ショーウィンドウで見かけて、どうしても欲しくなった靴。
ソールを張り替えて5年目に突入。とても歩きやすい。






ピッケル カジタックス パイオニアU
アイゼン シャルレ スーパー12
わかん エキスパート スノーシューズL
スパッツ モンベル GORE-TEX ロングスパッツ
グローブ モンベル DRTC.オーバーグローブ(ロング)





スノーシュー TSL 225 ランド
わかんで頑張っていたのですが、スノーシューにはかなわないと判断。MSRやTUBBS、エキスパートの「黒竜」なども考えたけど、結局、TSLにした。ワンタッチで簡単着脱、きちんと装着すれば、まずぶれることはない。ヒールにサポートがついているので急な登りにも強い。オプションのアイゼンも買った。




アライテント
トレックライズ0(究極の1人用)

1.25Kgととても軽量。荷物を外に置けばかなり快適な空間を確保できる。ソロ山行の必需品。



プロモンテ
VL−32(2〜3人用)

とても乾きやすい。



SOUTH FIELD
登山用テント(1〜2人用)
安さにつられて買ったのですが、2.2Kgとたいへん重たいしかさばる、、現在は登山口の仮眠用に愛用。



モンベル U.L.ツェルト
今のところ、道具置き場としてしか、使ったことないです。



モンベル U.L. アルパインダウンハガー #5 ロング
夏の大勢でのテント山行、春・秋の登山口での睡眠。
冬季のインナーと、けっこうオールシーズン活躍。

イスカ イスカエアー630
羽毛600g。ライトウィンターモデルということで、
厳冬期は、寒くて眠れないということがあるので、
(えらい目にあったことあり…)
上のモンベルのをインナーとして使う。

モンベル スーパーストレッチ バロウバッグ #3 ロング
化繊と羽毛の区別を知らない頃に買った。
かさばるし重たいけど、気軽に洗濯できるし、
愛着あるのでずっと使い続けている。



イスカ ウルトラライトマットレス120

380gととても軽量。サーマレストの同タイプが370gで0.5ミリ厚いので、とても欲しかったけど、値段が…。
イスカ テントシューズ・ショート

象足。足元の冷えを防いでくれ、少々の雪道は歩けるという、雪上生活の便利グッズ。ロングタイプのほうが主流でgood!



モンベル
ストームクルーザー(上・下)

雨具・防寒、
雪山のアウター代わりと年中活躍。





服、好きなブランドはWhole Earthフェールラーベンなど。
白や赤など明るい色は、最近、ほとんど着なくなりました。




イワタニ プリムス P-171

最高出力4200kcal/hに惹かれて買いました。


MSR ドラゴンフライ
会の装備品ですが、大鍋が楽に乗り、火力の微調整がらくらく。雪山・長期山行の必需品。一度使うと止められなくなります。





食器類
左上の飯ごうタイプのは、山へ行き始めたころからのもので、だんだん味が出てきた?という感じです。でもやはり、軽量化を図るうえで、チタン製品は欠かせないですね。






小物類
サングラス・メモ帳・救急セット・ナイフ・コンパス・ホイッスル・ヘッドランプなど。
左上は、ヤマケイJOYの付録「ファーストエイド・クイックノート」





山道具。高いので慎重に買うのに、失敗歴多々ありです。難しい…。