山名: 鳳凰山 (ほうおうさん)
高さ: 2,840m(観音岳)
場所: 南アルプス
日にち: 平成15年11月8日〜9日(テント泊)
コース: 青木鉱泉〜中道〜薬師岳〜観音岳〜地蔵岳〜鳳凰小屋〜御座石温泉〜青木鉱泉(周回登山)
メンバー: 4人




ルートマップ


アカヌケ沢ノ頭付近からのオベリスク



一日目
青木鉱泉(40分)中道登山口(270分)薬師岳(30分)観音岳(60分)
地蔵岳<オベリスク>(30分)鳳凰小屋<テント場>
・歩行時間 = 7時間10分 ・休憩含めた時間 = 8時間50分


青木鉱泉から40分ほど林道を歩くと、中道の登山口に着く。このルートは、小屋への荷物の運搬に使われ、また、下山に利用する人も多いので、道はとてもしっかりしている。しかし、単調な登りと予想以上に長く感じたため、かなりキツかったです。途中、休憩していると、外国人が追いついてきた。リーダーは英語をしゃべれるので、なにやら話し込んでいる。(自分はボディランゲージ(^^;))。日本語もかなりしゃべれるらしく、薬師岳までリーダーと歩きながらしゃべっていた。

薬師岳はうわさ通り、自然が作り出す日本庭園でした。ここからは快適な稜線歩き。登りの苦しみが吹き飛ぶ。あいにくの天気のため、北岳はうっすらと見えるだけでしたが、天気が良ければド迫力で見えると思います。








たっぷりと風景を堪能して、木に囲まれた雰囲気のある鳳凰小屋へ無事到着。テントを設営してお約束のビールで乾杯。晩ごはんは暖かい「きのこ鍋」でした。明日は下山のみ、少々飲みすぎて、午後9時就寝。
(クリックで拡大)



二日目
鳳凰小屋(60分)燕頭山(80分)御座石鉱泉(60分)青木鉱泉
・歩行時間 = 3時間20分 ・休憩含めた時間 = 3時間40分


ドンドコ沢を下るつもりだったのですが、最初の小休止で、御座石温泉ルートを下ってることが判明。小屋からスタートした時点で道を間違えていた(^^;)。雨が降ってるので、ドンドコ沢より安全だろうと、みんな納得して、そのまま下る。

午前9時15分、御座石温泉に到着。ここから青木鉱泉への道を聞こうと、旅館に入ると、「荷物をここに置いて空身で行きなさい」と勧められる。たしかに荷物を背負って、林道を1時間歩くのはつらいよなぁということで、2組に別れ、リーダーと私で青木鉱泉まで歩く。林道は時間を稼げない、ぴったり1時間で青木鉱泉へ到着。車で御座石温泉へ引き返し、仲間と合流。温泉へ寄って帰途に着いた。

鳳凰山、いい山でした。
今度は積雪期か、花の咲く夏に行ってみたい。




須玉IC近くの「むかわの湯」へ。

2005年11月19日〜20日
夜叉神峠〜薬師岳〜観音岳レポ
もあります。