山名: 鳳凰山 (ほうおうさん)
高さ: 2,840m(観音岳)
場所: 南アルプス
日にち: 平成17年11月19日〜20日(テント泊)
コース: 夜叉神峠登山口〜夜叉神峠〜杖立峠〜苺平〜南御室小屋〜薬師岳小屋〜薬師岳〜観音岳(ピストン)
メンバー: 3人





薬師岳山頂より

名古屋を出たのが22時30分。韮崎ICで降り、夜叉神峠登山口へ着いたのが、2時30分。駐車してある車は5台ほど。テントを設営して、軽く宴会、3時30就寝。寝不足で重荷を背負うのは避けたかったので、7時起床とする。



一日目
8:20 夜叉神峠登山口 〜 9:10 夜叉神峠 〜 10:43 杖立峠 〜 12:32 苺平 〜 13:00 南御室小屋 13:20 〜 15:30 薬師岳山頂直下(ビバーグ)



順調に夜叉神峠へ着くと、白峰三山の展望が飛び込む。ここからメンバーの一人の足取りが重くなり、団装をかわりに背負うことにする。しかし、そうしたら自分も重荷にペースが狂ってしまい(本末転倒…)だらだら登りになってしまう。

雪は苺平あたりから、ぼちぼち日陰についていたが、アイゼンを出すまでもなし。15時30分、薬師岳山頂直下にて時間切れ。幕営適地を見つけたのでテントを設営。甲府市の夜景と富士山がとても綺麗。しかし、とてつもない寒さで、とてもゆっくり風景を楽しむ余裕はなし。ドラゴンフライで火は炊きっぱなしにするも、晩飯のキムチ鍋が片付くと、寝不足の疲れもあり猛烈な睡魔が。19時にはシュラフにもぐる。





二日目
8:35 薬師岳出発 〜 9:18 南御室小屋 9:30 〜 10:40 杖立峠 〜 11:25 夜叉神峠 11:55 〜 12:25 夜叉神峠登山口



朝4時30分に目覚め、朝食の準備開始。しばらくして、外へ出ると、上のような風景。「宵の明星」が綺麗で、自分が山の上にいることを実感。しかし、ペットボトルの水は凍っている。この時期、テントの中へ裸で置いておいたら、凍ることはわかっていたけど、やってしまった…。テルモスの水(←昨日はお湯だった)で水分補給。









朝7時、山友との思い出の場所、観音岳山頂に立つ。
遠く北アルプスは真っ白だった。



テント撤収後、8時35下山開始。
駆け足で下り、12時25分、登山口到着。
芦安の温泉に浸かり、帰途へ着いた。

今回は、積雪期の下見もかねて行ったのですが、
危険箇所はとくに無さそう、体力勝負の山だなと思った。





2003年11月8日〜10日・青木鉱泉〜中道〜
薬師岳〜観音岳〜地蔵岳〜御座石鉱泉レポ
もあります。