山名: 剱沢BC〜立山三山縦走(春合宿)
場所: 北アルプス
日にち: 平成16年5月1日〜3日(テント泊)
コース: 室堂〜剱御前〜剱沢キャンプ場(BC)
剱沢〜別山〜富士ノ折立〜大汝山〜雄山(往復)
メンバー: 6人





後立山連峰

会報向けの感想文をコピペしました。
(実名を伏せ、写真も集合写真等、割愛してます)




4月30日(金)

予定通り、17時に仕事を終え、パッキングは終わってるし、余裕、余裕と思っていたのですが、個人食料をスーパーへ買いに行ったり、アルコールの量はこれで足りるだろうかと思案しているうち(←これはかなり真剣に悩んだ)、あっという間に、19時15分になり〇さんが迎えにきてくれた。待ち合わせの21時前後に続々とメンバーが集まり、装備の点検、準備を済ませて21時50分、出発。名神一宮ICから富山ICまではずっと高速。GWだからか、いつもは空いている北陸自動車道もけっこう車が多かったです。でも、思っていたよりは早く、2時30分には立山駅へ到着して、6人が〇さんのハイエースで雑魚寝する。立山駅は車が多くてテントは張れないだろうという予測で、たしかにほとんどの人が車で仮眠をとってましたが、テントも数張見かけました。ただ、歩道に設営するため、通行人にとっては邪魔といえば邪魔だったでしょうか…。



5月1日(土)

4時30分起床、寝ぼけ眼で外を見ると雲一つない快晴!ボルテージはあがる。切符売場へ向かい、かわりばんこで列に並ぶ(〇さん、〇さんがいちばん長いこと並んでくれてました、すいません…)6時30分発のケーブルカーに乗り、美女平でバスに乗り換えると、あっという間に、我が6人パーティを、一面、銀色の世界へ運び上げてくれた。



朝いちばんの室堂は、まだまだ登山者とスキーヤーの世界。これから始まる山旅に胸が踊ったのですが、ここでトラブル発生!バスにきちんと預けたはずの〇さんのザックが、2台待っても届かない、、、バスによって積めることのできる荷物の量が違うらしく、3台待ったでしょうか、なんとか到着でひと安心でした。



午前8時、〇さんトップでいよいよ剱沢へ向けて出発する。大日岳、立山を見ながらの快適雪道歩きのはずでしたが、3泊分の荷物を背負っての歩きはやはりしんどくて、10時45分、剱御前小屋へ着いて、剱沢小屋が見えたときはホッとしました。また、雷鳥のつがいが出現したので、〇さんと一緒に写真をパシパシ。真っ白な雷鳥を生で見るのは初めてだったので感激!。ここから剱沢までは20分で到着。まだ早いということで、〇さん・〇さん・〇さん・〇さんは、一服剱へ向かい歩き出す。〇さんと僕はというと、のんびり昼寝タイム。しばらくして起きて、雪のブロックを積み上げる。遠く、剣山荘のほうを見ると、〇さんと〇さんらしき人がこっちに戻ってきている。あれれ、一服剱まで行かなかったのかな?と〇さんと話す。どうやら、〇さん、アルコールが欲しいらしく戻ってきたとのこと。案の定、ビールを一口飲んだら生き返りました、やっぱりビール最高です!。まもなく、早月尾根・後立山連峰の絶景を満喫した〇さん、〇さんが戻ってきて、宴会・夕食の始まり。今夜は食当、〇さんの焼肉手巻き!お肉の香ばしい匂いをテントに充満させてみんな食べる!食べる!気象担当・〇さんの天気予報により、明日も晴れることがわかっていて、話もおおいに弾んだのですが、やはり早くからの行程なので、20時就寝。

 二日目のレポへ行く ホーム