山名: 富士山 (ふじさん)
高さ: 3,776m
場所: 静岡・山梨
日にち: 平成15年7月21日
行程時間: 上り 3時間50分
下り 2時間30分6時間20分
コース: 富士宮ルート(ピストン)
新5合目(15分)6合目(80分)元祖7合目(70分)9合目(50分)浅間大社奥宮(15分)剣ヶ峯<山頂>
メンバー: 2人




ルートマップ

新田次郎ファン、またNHKの「プロジェクトX」好きの一人として、一度は訪れたかった「富士山頂」を、前の会社の同僚で親友のキヨシと二人で登ってきました。ただ、この日はあいにくの天気のため、風が強く、ちょっと油断すると、よろけるような風と、横殴りの雨・あられのなか、快適登山とはいきませんでした。でも、単調な登山道を、中島みゆき「地上の星」を心の中で聴きながら黙々と登り、朝の10時なのに誰もいない暗い剣ヶ峯へたどり着いた達成感はたまらないものがありました。





「海の日」の三連休ということもあり、朝から行ってたのではとても駐車場に入れないと思い、前日の午後16時に名古屋を出発。途中富士IC近くの「すかいらーく」で晩御飯を済まし、到着したのが21時。ご来光目当ての登山者が準備をして、続々登山を開始していた。今すぐ登り始めたい気分だったが、今回の同行者キヨシは寝不足。はやる気持ちを抑えて、少し下の道路沿いに駐車。しんしんと降る雨の中、明朝の無事を祈りビールで乾杯。

左上のパンパンに膨れ上がったポテトチップスをつまみに、前を通り過ぎる車のナンバーを見て「おお〜、北九州だぁ」「富山だぁ」と、全国区の山に来たことを実感していると、まもなくキヨシが眠りだした。



目覚めたのは朝の5時。雨は止んでいた。行けるとこまで行こう!ということで、早速準備にかかる。それにしても思ってたより車が少ない、、、いちばん上の駐車場へ楽に止めれました。

富士宮ルートの登山口はすでに標高2,400m。一晩仮眠して高度に慣れたのと、登山者も少なめで、すれ違いに足労を費やすこともなく、淡々としたペースで9合目までたどり着けた。が、ここから雨と風が激しくなり、苦労を強いられる。ちょっとヤバい、引き返したほうがいいかなぁと思ったけど、山頂には小屋があるし、同じようなコンディションで登ってる人も見えるし、とにかく頂上を目指す。九合五勺を過ぎても、さほど高度の影響を感ずることなく浅間神社奥宮へ到着。少し休憩した後、馬の背を登り、日本最高点・剣が峰へ到着!



皮肉なことに高度を下げるごとに天気が回復していく。
名残り惜しいので、ゆっくりと下山しました。
次回のお目当てはご来光と測候所見物。
測候所の見物はちとマニアックなので、
一人でゆっくり行けたらなと思ってます。



相棒のキヨシ



 「天母(あんも)の湯」へ。
一時間400円で入ることができ、
富士ICを利用する人にとってはベストの銭湯ではないかと思います。