三日目
4:35 槍岳山荘テント場 〜 5:30 中岳山頂 〜 6:32 南岳山頂 〜 6:50 南岳小屋 7:30 〜 8:27 最低コル 〜 8:50 長谷川ピーク 〜 9:13 A沢コル 〜 10:40 北穂高岳山頂 11:40 〜 13:30 涸沢 〜 16:30 横尾キャンプ場(幕)





4時35分、槍岳山荘テント場出発。
中岳へ向かうころ、陽が昇ってきた。今日も天気は良さそう。




槍ヶ岳を振り返る

南岳小屋と、目指す北穂方面


キレットを望む


写真では伝わりにくいけど高度感抜群

南岳小屋からいよいろ大キレットへ。いきなり、ルンゼになっているクサリ場・急坂で、緊張するが、手がかりは豊富なので、すぐに慣れる。ここで事故が起きるとしたら、人為的な落石か無理なすれ違いかなと思った。








南岳を振り返る



 

飛騨泣きでは、すれ違いで大渋滞していた。
また、落石が頻繁に起き、ザックにまともに当たった人を目撃した。
今回のキレット越えは、急きょ決まったため槍ヶ岳出発で仕方なかったが、
南岳小屋を朝一番で出発して、素早く通過することが大事だなと思った。





10時40分、北穂高岳山頂着。緊張から開放され、大休止とする。



あとは涸沢〜横尾へと下るだけ。
横尾はいつも通過するだけなので、泊まるのは初めて。
ビールが少し安かった。明日は上高地まで散歩するだけ。
打ち上げ気分で、20時30分まで宴は続いた。

また、ここでは北鎌組が使ったアライのツェルトで寝てみた。
雨と風が無かったので快適そのもの。
軽いから、ハードな山行では利用価値あり。




四日目
横尾キャンプ場 〜 徳沢園 〜 明神館 〜 上高地



この日も素晴らしい快晴。
目覚めると、前穂が朝焼けしていた。
涸沢にいたらすごかったろうなぁ、、、ちょびっと後悔…。

明神池を散策したりして、10時、上高地着。

タクシーで茶嵐駐車場へ行くと、車がちゃんと搬送されていた。
今回、7人一台で行ったので、搬送代とタクシー代、
駐車料金合わせて一人あたり2500円だった。
これで存分に縦走できるなら安いなと思った。

今回は天気に恵まれ充実の夏合宿となった。



  前のページへ行く - 山行記録へ戻る - ホーム