山名: 南駒ヶ岳〜越百山
場所: 中央アルプス(長野)
日にち: 平成18年6月24日〜25日
コース: 伊奈川ダム〜北沢尾根〜南駒ヶ岳〜摺鉢窪避難小屋(泊)〜南駒ヶ岳〜仙涯嶺〜越百山〜越百小屋〜遠見尾根〜伊奈川ダム(周回)
メンバー: 5人






梅雨の合間をぬい、南駒ヶ岳〜越百山へ行ってきました。
今年はやはり残雪が多く、かなりヤバい雪渓のトラバースが三箇所あったものの、
気持ちのいい縦走路で、歩き応えは抜群。
名古屋から二時間ちょい。近いので、これから何度も足を運ぶと思います。
















前夜22時、名古屋出発、0時ちょっと過ぎ、中央線・須原駅到着。登山口にはトイレが無いので、駅の駐車場にテントを張り、仮眠を取ることにする。駅の待合室で宴会をしていたら、警察の方が見回りに来る。南駒ヶ岳へ行くことを伝えると、「気をつけて」と言ってくださった。

朝5時30分くらいに起床、登山口へ車を走らせる。
6時50分、林道を歩き始める。この道は、山と高原地図には点線で書いてあり、危険・迷い箇所マークがあるが、地元の方が整備してくださっているからか、総じて危険箇所は無く、北沢尾根を単調に登っていくという感じだった。13時35分、南駒ヶ岳山頂着。疲れた。あとはもう、摺鉢窪避難小屋まで数十分ということで、北アまで望める大展望を存分に味わい、大休止する。

しかし、この大休止が仇となることになる…。






上の写真からはあまり伝わらないが、ここのカール、かなりの斜度があり、こけたら、5mは止まれなさそう。今回は急きょ行き先がここに変更となったため、下調べをしていなかったので、この時期の、この残雪は想定外。ピッケルもアイゼンも持ってきていなかった。慎重に下ったため、かなり時間を要した。あと、問題は明日で、雪が固まっていたら、5mの滑落では利かないであろう。

しかし、避難小屋へ着いたら安心してしまうのか、宴会が始まる。
小屋は貸切状態、話は尽きることなく、20時頃まで宴が続いた。




二日目

6時30分、摺鉢窪小屋出発。雪渓の登りを冷や冷やしながらクリアして再び、南駒ヶ岳の山頂へ着く。北ア・空木方面・八ヶ岳・南ア・富士山(塩見の上から頂上だけひょっこり)、すべて見れる絶景だった。さぁ、あとは越百山まで快適な縦走路!…の予定だったが、三箇所、こけたら間違いなく終わりという、危険な雪渓のトラバース(下記写真)があり、生の喜びと死の恐怖を味わった。