山名: 北穂高岳
高さ: 3,106m
場所: 北アルプス
日にち: 平成17年7月17日〜18日(テント泊)
コース: 上高地〜明神館〜徳沢園〜横尾山荘〜
涸沢〜北穂高岳
(ピストン)
メンバー: 2人




海の日三連休、当初は常念岳へ行く予定だったのですが、
こちらは天気予報が悪いということで早々に中止。
しかし、17〜18日は、ぼちぼち天気良さそうということで、
急きょ北穂高岳へ行くことにしました。




一日目
上高地 〜 明神館 〜 徳沢園 〜 横尾山荘 〜 涸沢(幕)

平湯アカンダナ駐車場に車を止めて、濃尾バスで上高地へ。事前に上高地ビジターセンターへ混雑状況を問い合わせたところ、「(沢渡土砂崩れの影響で)通常より若干、(観光客・登山者)少なめ」と聞いてはいた。しかし、これほどまで空いているとは予想もしていなくて、上高地・徳沢園・横尾と、休憩ポイントのベンチはすべて座れる状態だった。正直、ラッキーと思ったけど、これからの夏山シーズン、観光への影響が少し気になった。

10人以上の団体も1組くらいしかいなくて、順調に歩くことができ、予定通りの時刻に、涸沢へ到着。テントの数は2〜30張くらい。(下の写真)テント場には、まだ雪が残っていた。おでんや、持参した鶏肉などを肴に酒を飲んで19時就寝。







二日目
涸沢 〜 北穂高岳 〜 涸沢 〜 横尾山荘 〜 徳沢園 〜 明神館 〜 上高地


3時起床。テントから顔を出すと、満天の星空に天の川がくっきりと浮かび上がっていた。朝食を軽く済ませて、4時出発。途中、奥穂と前穂の一部がみるみるモルゲンロートに染まり、幾多もの岳人を魅了した風景に、しばし足を止めた。

クリックで拡大

順調に高度を稼ぎ、6時15分、山頂へ到着。
驚いたことに誰もいない、、、
日本を代表する山岳風景を、20分ほど独り占めさせてもらった。













(ズーム撮影)


クリックで拡大





下山時は、登りのときには蕾んでいた花々が、
太陽に照らされ可憐に咲いていた。
さらに登山道にライチョウ親子がひょっこりと姿を現す。
いろいろと記憶に残る、充実した山旅となった。