場所: 涸沢(紅葉山行)
日にち: 平成16年10月2日〜3日(テント泊)
メンバー: 6人




エキサイトメンバー6人、「紅葉と宴会を楽しもう」ということで、涸沢へ行ってきました。肝心の紅葉ですが、今年は台風がたくさん日本上陸したことによりナナカマドが壊滅状態…。しかも、週末になると天気が崩れる傾向も相変わらず続いており、自身としては、これで2週連続で涸沢に入ったわけですが、ついに、「青空と紅葉」を拝むことはできなかったです。でも、久しぶりに会えたエキサイトメンバーは、相変わらずのテンションで、道中はとても楽しかった。



一日目
上高地 〜 明神館 〜 徳沢園 〜 横尾山荘 〜 涸沢ヒュッテ(幕)



朝7時の沢渡村営駐車場。荷物の分担、パッキングをしていると、自転車に乗った人がやって来て、最初、駐車料金の回収に来たのかなと思ったら、タクシーの運ちゃんが、運賃の交渉にやってきたのであった。バスより安くなることは確実だったので、お世話になることに。とても感じのよい運転手で道中、楽しかった。

また上高地に来ることのできた幸せの余韻もそこそこに歩き出す。
Yさんは大きなザックぱんぱんに荷物を積んで、
しかも、日本酒の一升瓶を片手に持っている。カッコいい。
明神館へ向かう途中、下の写真、
サルが気持ち良さそうにノミ取りをしていた。




徳沢園に着いたのが9時45分で、その後の調べで、ネット仲間ROCKYさんとニアミスしていたことが判明。涸沢に行くとは聞いていたのですが、てっきり前日に下山していたと思ってたので、ノーマーク。お会いしたかったです、残念…。

本谷橋を過ぎたころから雨がぽつりぽつり。やがて本降りになり、つらい登山となるが、ほぼ予定通りの時間に涸沢へ到着。今回は6人用テントなので張れる場所あるかなぁと心配したのですが、なんとか平地を確保。テントを設営し、火を焚いて体を温める。



まもなく宴会へ突入、今夜はキムチ鍋。
あんな話、こんな話で会話は弾み、
Yさんが担ぎ上げた日本酒が順調に消化していく。
気心知れた仲間と飲む酒はおいしい、飲みすぎてしまった、、






二日目



朝、目覚めて外を見るとぼちぼちの天気だった。
…が、食事を終え、テントを撤収して、
いざ歩き始めるとまもなく雨が…。
予定では、のんびり下山し、青空の下、
明神池や上高地を散策して、
癒されるはずだったのですが、はかない夢に…。
けっきょく、この雨が上高地まで続き、修行の道と化した。