山名: 鎌ヶ岳 (かまがたけ)(1,161m)
雨乞岳 (あまごいだけ)(1,238m)
場所: 三重県・鈴鹿
日にち: 平成15年5月4日
メンバー: 単独




今年のゴールデンウィークは、ちょこちょこした用事が入ってしまい、遠くへは行けない。近場の日帰りで一日楽しめるコースをガイドブックやネットで探した結果、武平峠から鎌ヶ岳のピストン&雨乞岳へ行こうと決定。雨乞岳は初めてだったのですが、これが時期的に大正解!新緑の森林浴をこれでもかっつくらいたっぷり堪能してきました。



鎌ヶ岳 (かまがたけ)
6:00 スタート 〜 6:50 山頂 7:05 〜 7:45 下山
ルートマップ


鎌ヶ岳は昨年末に長石谷から登っているので、今回は最短ルートにて山頂を目指す。看板に「山頂まで40分」と書いてあったが、ガイドブックでは「80分」。どっちが正しいのだろうと思い、休まずせこせこ歩いて50分。誰もいない山頂を15分独り占めした後、急斜面を転げ落ちるように下山した。


鎌ヶ岳山頂

これから登る雨乞岳




雨乞岳 (あまごいだけ)
8:00 スタート 〜 10:20 山頂 10:50 〜 14:00 下山
ルートマップ


マイナスイオンたっぷり

コクイ谷の渓谷美

午前8時。支度を整え本日の本命、雨乞岳へ歩き始める。植生をちゃんと考えて植林されてるんだろうなぁ、と思えるきれいな植林帯を30分ほど歩いただろうか…、気づいたら新緑薫る自然林に囲まれた。これは気持ちいい。しかし、やがて歩きにくい笹のトンネルになる。かがみながら歩くので、こ、腰がイタタタ…。10時に東雨乞岳に到着。広い山頂、360度の展望で食事にはもってこいの場所だった。休憩もそこそこに、雨乞岳山頂を目指す。


雨乞岳山頂

先ほど登った鎌ヶ岳。

帰路は少し遠回りになるけど、杉峠〜コクイ谷コースを歩く。途中、ガサガサという音とともにヘビが登山道を横切る。驚かせて申し訳ない。しばし観察した後、自分も少し遠回りして歩き始める。ようするに逃げたわけだ。お互い逃げてばかりで、ほんとは話し合えば分かり合えるのかなぁ、なんてアホなことを考えた。



 お約束の湯の山温泉「希望荘」へ。