山名: 九重山 (くじゅうさん)
高さ: 1,787m(久住山)
場所: 大分県
日にち: 平成18年4月30日
コース: 牧の戸峠コース
タイム: 9:30 牧の戸峠 〜 10:15 扇ガ鼻分岐 10:25 〜 10:45 星生崎 〜 11:03 久住山山頂 11:25 〜 11:57 中岳山頂 〜 12:10 御池(昼食) 12:40 〜 14:00 牧の戸峠駐車場




28日夜、名古屋を出発。仕事疲れもあり、奈良県天理インター手前で限界、SAで仮眠を取る。29日、下道中心のため、大分県の道の駅で力尽きる、、、22時だった。途中、関門大橋で夜景の写真を撮った。


クリックで拡大
(右の写真、うっすらとシルエットで見える丸い山はたぶん皿倉山。むかし行ったことあり。)



30日、朝早くに出発するも、湯布院へ抜ける道が全面通行止めのため、高速を使うはめになる。しかし、由布岳がド迫力で見える快適なハイウェイだった。

牧の戸峠登山口に着いたのが9時15分。準備体操もそこそこ、久住山へ向け出発する。



登山口

扇ヶ鼻分岐

西千里ヶ浜

西千里ヶ浜

いきなり石畳の急登が続くも、そこを過ぎれば、北ア薬師岳の太郎兵衛平を彷彿させる、広々とのんびりした散歩道が、久住山避難小屋まで続く。そこから20分程で山頂。風がとても強く、すかっとした天気ではないが、ぼちぼち。中岳へ向かう。




御池

中岳山頂付近からの眺望
クリックで拡大


九重山塊、あくまでも私の勝手な感想なのですが、いくつもピークがあることや、噴煙を上げていたり、池もあったりで、御嶽山を少し思い出しました。



硫黄山

天狗ヶ城!?
クリックで拡大


硫黄山


三俣山

クリックで拡大
久住山(この風景が見たかった!)





下山時はどんどん天気が良くなる。
西千里ヶ浜をプロムナード気分で歩き、14時下山。




スケールの大きな高原。
牛が見送ってくれる中(怒ってる!?)
会の先輩も入った、黒川温泉「黒川荘」で汗を流し、
阿蘇山登山口、仙酔峡へ車を走らせる。




阿蘇山レポへ - 祖母山レポへ - 霧島山レポへ - 開聞岳レポ