山名: 恵那山 (えなさん)
高さ: 2,191m
場所: 岐阜・長野
日にち: 平成16年2月28日
時間: 上り(登山口から) 4時間30分
下り(登山口まで) 1時間50分6時間20分

休憩と林道歩きを含めた時間 = 8時間30分
コース: 広河原ルート(ピストン)
駐車場(35分)登山口(100分)1716m地点(170分)山頂(110分)登山口(40分)駐車場
メンバー: 5人
目的: 冬山を楽しむ







会の山行計画書に2月28日(土)「恵那山」とあって、メンバーには一緒に山へ入ったことある人が多いし、土曜日なら空いてるので行きたいなぁ…、でも雪上訓練してないからダメだろうなぁ…、と漠然と思っていたら、お誘いのメールが届いた。もちろん、二つ返事で「行きます!」。昨日か一昨日に降った雪のため、トレースはまったくなし。また、うちらのパーティ以外誰にも会わず、静寂の冬の恵那山の大自然にどっぷりと浸ってきました。



登山口である広河原は、中央道「園原IC」を降りて15〜20分。待ち合わせ場所もインター近くなので、これはすぐについて宴会だなと、酒を若干多めに持っていく。案の定22時に待ち合わせて、23時40分にはテントを張って、宴会の始まり。星がきれいに見えるけど、あまり寒くはなく、午前2時就寝。

ぐっすり眠って、6時少し前に起床。登山口へ向かう。4駆でスタッドレスはいてるのですが、5人も乗ってるとなかなか登っていかない。なんとか夏季の臨時駐車場までたどり着き、林道を歩き始める。びっくりしたのが、とにかくすさまじい落石で、道路は荒れ放題。夏のあいだはこれほどではないので、地元の方が整備してくださってたんだなと感謝。

30分ほどで、広河原の登山口に到着。年中アルプスの山に入っているPLは、すたこらと新雪の中へ入っていく…。誰も踏んでいない雪を歩き高度を上げていく、快感でした…。



広河原登山口


山頂にて。右は昨年9月の山頂



途中、大きな雪屁があって少しビビりながら歩くも、総じて滑落するような危険な箇所はなく、登山口から4時間30分、林道歩きを含めると5時間で山頂に到着。風もなく穏やかで、絶好のランチ日和。山座同定や、温かいコーヒーを飲んだりしながら1時間ほど、至福の休憩をしました。実際の何分の一、何百分の一しか伝わらないのですが、下の写真をクリックすると拡大できるので、よかったら見てください。

 
(クリックで拡大)
聖と上河内の間から富士山が…
 




下山は積雪期ならではのショートカットをしたからか、
夏季とほとんどタイムは変わらなかったです。
林道をプロムナード気分で歩いて山とお別れ。
素晴らしい一日となりました。




 登山口近く、「野熊の庄・月川」へ。

2003年9月7日・恵那山(夏期)レポもあります。