山名: 白山 (はくさん)
高さ: 2,702m
場所: 岐阜県
日にち: 平成15年8月10日
行程時間: 上り 4時間20分
下り 2時間40分7時間

休憩を含めた時間 = 8時間30分
コース: 平瀬道ルート(ピストン)
登山口(140分)大倉山避難小屋(85分)室堂(35分)山頂・御前峰(25分)室堂(60分)大倉山避難小屋(75分)登山口
メンバー: 単独




ルートマップ


平瀬道・登山口
梅雨明けしてからというもの名古屋はぐんぐん気温が上昇。涼を求め、また、岐阜県・洞戸村で水を汲むついでに、白山へ出かけてきました。

最近、意図してるわけではないのですが、富士山・木曽駒、そして今回の白山と登山者の多い山へ行ってる気がする…。





朝の3時に出発して、下道で行こうと思っていたのですが、寝坊したため家を出たのが5時30分。大きく出遅れたので、東海北陸自動車道を使うことにする。一宮木曽川ICから乗り快適に北上し、荘川ICで降りる。R156・白山公園線を経由して登山口に着いたのが8時10分。さすが、高速を使うと早い!駐車場にはたくさんの車が止まっていた。

速攻で準備を整え、木の階段に難儀しながら登っていると、まもなく右手に御前峰・剣ヶ峰が姿を現して(右上の写真)、登高意欲をそそられる。



別山方面

室堂センター
大倉山避難小屋を過ぎたあたりから、さらなる急登が始まる。たぶんここが一番のふんばりどころだろうなと、ひたすら孤独に登っていると、雪渓から水の流れている場所へ到着(写真左)。小川になっていて、まわりにはたくさんの花が自生している。まさに楽園という感じ。冷たい雪融け水を一口飲んだら生き返った。



まもなく室堂センターに到着。中へ入ってみると生ビールが800円で売られている。う〜む、今日は高速を使ったので、あまりお金は使いたくないなぁと財布とにらめっこするも、「生」ビールの誘惑には勝てず、買ってしまった。めちゃめちゃうまかった。

室堂センターの前は広場になっていて、ちょうどお腹もすいていたので、食事タイム。まわりのほとんどがパーティで、ぱっと見渡した感じ、単独は自分一人。少し寂しさを感じつつ、コンビニのおにぎり二個とカップラーメンをすする。背中に哀愁が漂っていないか少し気になった。



山頂の様子

一時間ほど休憩したのち山頂の御前峰へGO!山頂からは大パノラマが広がっているはずなのだが、あいにくの雲で近くしか見えない。時間があれば「池めぐりコース」を下りたいなと思っていたのですが、今回は帰りに洞戸村へ寄らねばならないので、休憩もそこそこ、花の写真を撮りながら下山した。






 道の駅「荘川」内にある「桜香の湯」へ。