新田次郎・年譜

≫明治45年(1912)
6月6日、長野県上諏訪町(現在の諏訪市)大字上諏訪角間新田で、父・彦、母・りゑの次男として生れた。本名藤原寛人(ひろと)。新田の次男坊だったので、後にペンネームを新田次郎とした。霧ケ峰を遊び場として育つ。


≫大正8年(1919) 7歳
上諏訪の高島小学校へ入学。

≫大正14年(1925) 13歳
県立諏訪中学校(現在の諏訪清陵高校)へ入学。歴史部を作り、石器や土器を発掘すること、歴史を学ぶことに興味を持つ。

≫昭和5年(1930) 18歳
無線電信講習所本科(現在の電気通信大学)へ入学、東京での生活が始まる。

≫昭和7年(1932) 20歳
無線電信講習所を卒業。中央気象台(現在の気象庁)に就職。この年より昭和12年まで、富士山観測所に勤務する。交替勤務で、1度山頂に登ると30日から40日は山を降りられない生活だった。
新田次郎・5歳のころ
5歳のとき、松本の写真館で友達と。(向かって右が新田さん)



≫昭和14年(1939) 27歳
両角(もろずみ)ていと結婚。

≫昭和18年(1943) 31歳
満州国(現在の中国東北部)中央気象台口に、高層気象課長として転職。

≫昭和20年(1945) 33歳
新京(現在の長春)で終戦を迎え、軍人ではなかったが、家族と別れソ連の捕虜となり、その後中共軍に職を得て1年余の抑留生活を送る。妻ていは2人の子供を連れ、38度線を歩いて越えて翌年帰国。

≫昭和21年(1946) 34歳
10月、満州から帰国。気象台に復職する。

≫昭和23年(1948) 36歳
この頃、アルバイトとして、理科の教科書、持に気象関係の執筆を引き受けた。又、ジュニア小説として「超成層圏の秘密」「狐火」を書くが、どちらも活字にならず、原稿も紛失してしまった。

≫昭和26年(1951) 39歳
妻ていの書いた満州からの引きあげの記録「流れる星は生きている」がべストセラーになったのに刺激され、また編集者の勧めもあって、「強力伝」を「サンデー毎日第41回大衆文芸」に応募、現代の部一等に入選する。「サンデー毎日中秋特別号」に掲載。入選後、丹羽文雄氏主催の「文学者」の同人となる。

≫昭和27年(1952) 40歳
「郷愁の富士山頂」を「山と渓谷」2月号より翌年5月号まで連載。また少年技術雑誌「電波と受験」に「ひとり旅」を連載。このころ小説雑誌に多くの作品を投稿するが、活字にならなかった。都下吉祥寺に転居する。

≫昭和30年(1955) 43歳
少年時代に祖父から聞いた日本狼の話をまとめた「山犬物語」が「サンデー毎日第47回大衆文芸」に入選、「陽春特別号」に掲載。2月、「凍傷」を「文学者」に発表。9月、処女短編集「強力伝」が朋文堂より刊行される。「孤島」が「サンデー毎日30周年記念大衆文芸懸賞小説」に1等入選、「中秋特別号」に掲載される。

≫昭和31年(1956) 44歳
2月、「強力伝」によって第34回直木賞(昭30下)を受賞。
「氷原」(「サンデー毎日陽春特別号」)、
「落し穴」(オール讀物)4月号)、
「先導者」(「新潮」7月号)、
「島人伝」(「オール讀物」8月号)、
「失踪」(「別冊キング」8月号)、
「毛髪湿度計」(「新潮」10月号)、
「渦」(「小説公園」11月号)、
「吉田の馬六」(「講談倶楽部」11月号)等を発表。
短編集「孤島」(3月、光和堂)、短編集「氷原・鳥人伝」(9月、新潮社)が刊行される。


新田次郎・直木賞受賞のころ
直木賞受賞の頃、勤務先の気象庁で。
≫昭和32年(1957) 45歳
この頃、科学小説、時代小説、ジュニア小説、SF、山岳小説、メロドラマ等、多方面の短編小説を数多く手がける。
「とがった耳」(「オール讀物」1月号)、
「灯明堂物語」(「講談倶楽部」1月号)、
「蔵王越え」(「週刊新潮」1月7日号)、
「愛鷹山」(「週刊新潮」2月11日号)、
「霧の中」(「新女苑」2月号)、
「砂丘の歌」(「講談倶楽部」3月号)、
「北極光」(「小説新潮」4月号)、
「孤高の武人」(「講談倶楽部」4月号)、
「火山群」(「新潮」4月号)、
「ガラスと水銀」(「別冊文藝春秋」第57号)、
「反地球人」(「小説公園」5月号)、
「寒冷前線」(「週刊新潮」6月17日号)、

「慶長大判」(「講談倶楽部」薫風増刊号)、
「怒濤の中に」(「講談倶楽部」増刊号)、
「天気予報の賭」(「週刊新潮」10月7日号)、
「航跡」(「新潮」11月号)、
「詩吟艦長」(「講談倶楽部」12月号)、
「増上寺焼打」(「別冊文藝春秋」第61号)等を発表。
ジュニア小説「季節風」を「中学三年コース」4月号より翌年3月号まで連載。
短編集「算士秘伝」(5月、講談社)、同「火山群」(7月、新潮社)、初の長編小説「蒼氷」(「郷愁の富士山頂」を改題、8月、講談社)、短編集「吹雪の幻影」(12月、朋文堂)を刊行。



≫昭和33年(1958) 46歳
「胡挑」(「オール讀物」1月号)、
「虹の人」(「文学界」1月号)、
「媚薬」(「面白倶楽部」1月号)、
「異人二拾一人」(「別冊小説新潮」冬季号)、
「この子の父は宇宙線」(「別冊文藝春秋」第62号)、
「はがね野郎」(「文藝春秋」2月号)、
「三つの石の物語」(「講談倶楽部」3月号)、
「特等船客」(「新潮」3月号)、
「滑落」(「小説公園」5月号)、
「火術師」(「別冊文藝春秋」第65号)、
「殉職」(「サンデー毎日特別号」)、
「嬌声」(「オール讀物増刊号」スポーツ読本)、
「無人島始末記」(「日本」12月号)、
「チンネの裁き」(「オール讀物」12月号)、
「伊賀越え」(「小説新潮」12月号)、
「佐久間象山」(「別冊文藝春秋」第67号)等を発表。
「海流」を「週刊女性」6月29日号から12月28日号まで、「縦走路」を「新潮」7月号から11月号まで連載。
短編集「慶長大判」(4月、講談社)、同「はがね野郎」(7月、講談社)、長編「風の中の瞳」(「季節風」を改題、8月、東都書房)、同「縦走路」(10月、新潮社)、短編集「この子の父は宇宙線」(12月、講談社)を刊行。



≫昭和34年(1959) 47歳
気象庁測器課勤務の傍ら、山岳小説、推理小説を中心に執筆活動を展開する。
「遭難者」(「別冊小説新潮」冬季号)、
「雪山の掟」(「週刊新潮」1月19日号)、
「雪崩」(「講談倶楽部」3月号)、
「天狗火事」(「オール讀物」4月号)、
「鴉の子」(「小説新潮」4月号)、
「白い花が散った」(「週刊明星」4月5日号)、
「暗い谷間」(「日本」5月号)、
「落雷」(「家の光」5月号)、
「微笑する男」(「講談倶楽部」8月号)、
「最後の叛乱」(「オール讀物」9月号)、
「担ぎ嫁」(「講談倶楽部」9月号)、
「窓はあけてあった」(「宝石」9月号)、
「母への遺書」(「講談倶楽部」10月号)、
「山の鐘」(「小説新潮」10月号)、
「死亡勧誘員」(「講談倶楽部」11月号)、
「左利き」(「サンデー毎日特別号」)、
「東京の憂愁」(「講談倶楽部」12月号)等を発表。
「冷える」を「週刊新潮」4月27日号から7月6日号まで連載。
長編「ひとり旅」(1月、秋元書房)、同「海流」(3月、講談社)、同「チンネの裁き」(6月、中央公論社)、連作短編「黒い顔の男」(「冷える」を改題、8月、新潮社)、短編集「最後の叛乱」(8月、角川書店)、同「冬山の掟」(11月、新潮社)を刊行。



≫昭和35年(1960) 48歳
「執念」(「オール讀物」1月号)、
「仏桑華」(「別冊文藝春秋」第70号)、
「生人形」(「小説新潮」2月号)、
「雪洞」(「女性自身」2月10日号)、
「絵島の日記」(「オール讀物」4月号)、
「旗本奴」(「別冊小説新潮」春季号)、
「太田道灌の最期」(「講談倶楽部」5月号)、
「三人の登攀者」(「日本」6月号)、
「ぬけ参り」(「サンデー毎日特別号」)、
「反逆児」(「講談倶楽部」7月号)、
「虚栄の岩場」(「オール讀物」8月号)、
「沼」(「小説新潮」9月号)、
「タ日」(「別冊文藝春秋」第73号)、
「すっぱい口づけ」(「オール讀物」11月号)、
「着流し同心」(「小説新潮」12月号)、
「指」(「サンデー毎日特別号」)等を発表。
「永遠のためいき」を「マドモアゼル」1月号より12月号まで、「青い失速」を「若い女性」3月号より12月号まで、「隠密海を渡る」を「週刊公論」11月5日号より翌年1月16日号まで連載。
短編集「絵島の日記」(7月、講談社)、長編「岩壁の掟」(8月、新潮社)、短編集「沼」(9月、東都書房)、長編「青い失速」(12月、講談社)、同「永遠のためいき」(12月、新潮社)を刊行。



≫昭和36年(1961) 49歳
7月半ばより3ヶ月、ヨーロッパの気象測器調査と取材を兼ねて、スイス・フランス・ドイツ・イタリー・イギリスを回る。
「おしゃべり窓」(「別冊文藝春秋」第74号)、
「首様」(「講談倶楽部」1月号)、
「弱い奴」(「週刊新潮」1月9日号)、
「白い壁の中の生存者」(「週刊新潮」1月31日号)、
「東天紅」(「オール讀物」2月号)、
「壷鳴り」(「日本」3月号)、
「島名主」(「小説新潮」4月号)、
「死神に追われる男」(「講談倶楽部」4月号)、
「現場写真」(「サンデー毎日特別号」)、
「時の日」(「オール讀物」6月号)、
「三つの遭難碑」(「小説新潮」7月号)、
「流された人形」(「講談倶楽部」8月号)、
「蛾の山」(「オール讀物」9月号)、
「口」(「週刊朝日別冊号」)等を発表。
「温暖前線」を「高知新聞」他地方紙13紙に6ヶ月間、「風の遺産」を「婦人生活」6月号より翌年6月号まで、「登りつめた岩壁」を「週刊サンケイ」6月26日号より7月31日号まで連載。
短編集「隠密海を渡る」(5月、新潮社)、同「登りつめた岩壁」(9月、新潮社)、同「壷鳴り」(11月、東都書房)を刊行。



≫昭和37年(1962) 50歳
「ホテル氷河にて」(「小説新潮」1月号)、
「古城」(「別冊文藝春秋」第78号)、
「気象遭難」(「週刊新潮」1月22日号)、
「嘆きの氷河」(「日本」2月号)、
「谷川岳幽の沢」(「オール讀物」3月号)、
「異人斬り」(「小説新潮」4月号)、
「陽炎」(「別冊小説新潮」春季号」、
「ひからびた鴨」(「サンデー毎日特別号」)、
「犬の墓標」(「推理ストーリイ」8月号)、
「疲労凍死」(「オール讀物」8月号)、
「偽りの快晴」(「オール讀物」11月号)、
「関の小万」(「小説新潮」11月号)、
「雷鳴」(「美しい女性」11月号)等を発表。
「道化師の森」を「講談倶楽部」1月号より12月号まで、「錆びたピッケル」を「週刊現代」3月25日号より4月22日号まで、「夢に見たアルプス」を「山と渓谷」7月号より翌年12月号まで連載。
長編「温暖前線」(6月、集英社)、短編集「錆びたピッケル」(6月、「新潮社」)、長編「風の遺産」(7月、講談社)、同「雪に残した3」(11月、新潮社)、短編集「異人斬り」(12月、集英社)を刊行。